ひげにんにくってなに?

「ひげにんにく」とは、特殊な栽培方法によって生産された、にんにくに根と芽が生えたもので根っこがひげに似ていることから「ひげにんにく」と呼んでいます。この「ひげにんにく」、見た目はもちろん、ほかのにんにくとは違ったいろいろな特長があるんです!

にんにくって、食べた時はすごくおいしいけど、どうしても気になるのが食べた後のニオイ・・・。翌日のことを考えると遠慮しちゃいますよね・・・。ところがこの「ひげにんにく」は、芯まで加熱すると、ニオイが残りにくく、翌朝には気になりません。だから食べたい時に食べられるんです!にんにくが好きな人にはたまりません!

もともとにんにくは健康食品としても注目されていますが、「ひげにんにく」の栄養価はそれ以上です。植物は、発芽する時が成長の中で一番パワフルな時です。「ひげにんにく」は根と芽が出ることで、発芽直後のスプラウト野菜(かいわれ大根など)と同様に、もっとも栄養価が高い状態なのです!